法律の悩みは弁護士に相談して解決

夫婦のために

離婚の際の慰謝料請求豆知識

離婚の際には、夫婦のどちらかから慰謝料が支払われることがありますが、配偶者に慰謝料を請求する場合には、離婚に至った原因をお互いに認識しておく必要があります。 慰謝料が発生するのは、夫婦のどちらかが婚姻状態を破綻させるような行為を行い、加害者として配偶者に被害を与えた場合のみなどであり、一般的には不貞行為や暴力行為などが当てはまります。 不貞行為の場合には、加害者側の配偶者の不貞相手にも慰謝料を請求することが可能であり、多くの場合は当人同士の話し合いで慰謝料額が決定されますが、話し合いが上手くいかない場合には、離婚問題に特化した弁護士などの代理人を立てて話し合いを行う場合もあります。 慰謝料額は、婚姻状態を継続した場合よりも、離婚に至った場合の方が多額になる傾向があり、婚姻年数によっては数百万単位にもなることがあります。

離婚のときの慰謝料は

離婚の慰謝料というのは、交渉の材料になります。例えば、親権を得る為にそうしたものを放棄することがあります。とにかく、離婚というのはどちらかに非がある場合、慰謝料を支払うことになるのですが、それでも親権は別になります。 つまりは、仮に女性に非がある離婚であっても、親権に関しても関係がないのです。育児放棄でもない限りは、女性のほうに親権がいくのが日本になります。ですから、非がない男性側が親権と養育費の支払いの免除と引き換えに親権を得ることが多いのです。そうした方法で慰謝料を使うことがあります。交渉の駆け引きに使うわけです。 離婚というのは、お互いに非がないときもあります。そのときには当然ですが、慰謝料はなしです。