法律の悩みは弁護士に相談して解決

必要のないお金

過払い金の相談

過払い金とは、本来払う必要がなかったお金を必要以上に払ってしまったことを指します。利息制限法と出資法の間の金利で行われていたグレーゾーンの金利での貸付を長期間にわたって行っていた場合に過払い金は発生していることが多くなります。 過払い金に対して返済を求めるには、まず法律事務所などに相談を行います。この際の相談は無料の場合が多いため、自分のケースが過払い金への対処が可能かや見積もりなどを判断することができます。 その後法律相談所と契約を行い、金額を調査と算出を行います。金額や借りた先が判明した後に希望を取り入れながら司法書士の方が交渉を行い、状況に応じて和解や訴訟の手続きを行い、解決に向かいます。解決した後に返金が行われそこから費用などが差し引かれます。

過払い金返還請求をする権利を持つ人

過払い金返還請求とは、払いすぎた利息を返してもらうという請求ですが、近年では多くの場合、グレーゾーン金利で利息を支払っていた人がする過払い金返還請求のことを指します。 グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められている上限金利(借金の額に応じて、変わります。)と、改正前出資法で定められていた上限金利29.2%の間の金利のことを指します。利息制限法を超えた金利は違法なので、返還請求はできますが、出資法で定められていた金利を超えなければ、刑罰で罰せられることはないため、多くの貸金業者はグレーゾーン金利を設定していました。 現在では、出資法が改正され、上限金利が20%まで下がったのでこの問題は減少していますが、2009年までに貸金業者で借金をしていた人は、過払い金が発生している可能性が高いです。 借りていた期間が長いほど、金額が大きいほど、多額の過払い金が発生します。過払い金返還請求をすることによって数百万円が戻ってくるというケースもあります。