法律の悩みは弁護士に相談して解決

普通に生活しても

法律問題の相談にのってくれる専門家とは

 普通に生活しているだけで、ある日突然法律トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。最近多くなってきているのは、騒音などに起因する近隣トラブルや、医療過誤問題などです。当事者同士で話し合っても、感情的になって問題がこじれてしまうケースが多いので、専門家が行っている法律相談サービスを利用するのが得策です。どのような専門家が法律相談サービスを提供しているのかというと、弁護士や司法書士などをあげることができます。それ以外にも税金が絡む問題であれば税理士の法律相談を利用することができますし、年金や介護の問題であれば社会保険労務士が法律相談を行っています。他にも様々な専門家がいますので、自分が抱えている問題解決に適した専門家を見つけて、法律相談を利用してみるとよいでしょう。

弁護士が行っている法律相談について

 法律問題のエキスパートといえば、真っ先に弁護士を思い浮かべる人が大半です。他の法律専門職は、取り扱える業務内容が法律によってかなり厳密に制限されていますが、弁護士は法律が絡む問題であれば、ほとんど制限を受けることなく、取り扱うことができるようになっています。ですので、何らかの法律トラブルに巻き込まれてしまったけれど、どこに相談すればよいのかわからないという時は、弁護士に相談してみることをおすすめします。昔は、紹介者がいないと対応してもらえないケースが多かったのですが、最近はそのような取り扱いをする法律事務所が減ってきています。誰も紹介者がいなくても法律相談にのってもらえる可能性が高いですが、弁護士も忙しいので、まず電話で予約を入れてから訪問する必要があります。